奥田工務店05_re

超省エネ 次世代エコ保冷庫

COREZO

─ 木冷蔵 ─

一般的なプレハブ式保冷庫と比べ、
電気代を7割削減する、驚異の省エネ保冷庫

木冷蔵-COREZO-は、HIJ.株式会社自社開発の木造式超省エネ次世代エコ倉庫。独自の技術と発想で大幅なコスト削減を可能にする商品です。

Superiority

主に穀物貯蔵などが必要な農業法人様が抱える、
保冷庫の運用コスト大幅削減と、多くの課題を解決します。

家庭用エアコンの利用、高い断熱性・気密性で、
倉庫運用の大幅なコスト削減と多くの課題を解決。

主に穀物貯蔵などが必要な農業法人様などに向けた、保冷庫の大幅な運用コスト削減と多くの課題を解決。

プレハブ冷蔵庫に比べて電気代が1/3を実現。

独自の技術で驚異の電気代1/3を実現。税制面でも有利で、固定資産が約6割安くなります。圧倒的な低コストを実現。

5〜50℃の範囲で様々な用途に使えます。

ルームエアコン複数台で庫内温度をコントロールします。低温貯蔵から、乾燥施設など幅広いニーズに対応します。

高い気密性と防湿技術で結露問題を解決。

高い気密性でカビの発生の要因になる結露を抑制。安定した庫内環境で大切な収蔵品にダメージを与えません。

用途に合わせた最適な設計が可能です。

基本のサイズ展開から、設置環境に合わせた設計に対応しています。設計・施工・アフターまで一貫してサポートします。

庫内温度は5〜50℃で設定可能。
幅広い用途でご利用できます。

玄米の低温貯蔵に

花・植物の鮮度維持に

野菜・果物の冷蔵保存に

食品加工・製造現場に

Reduce

プレハブ式保冷庫と比較して、電気代が1/3に減少。
10年間で100万円のコスト削減を実現。

高気密・高断熱、低容量のルームエアコンを組み合わせる技術で、運用時の電力消費を大幅に削減。 例えば、100㎡(天井高2.7m)の木冷蔵において年間5ヶ月間の稼働をした場合、10万円のコスト削減、10年間の運用で100万円を超える削減が可能です。

鉄骨倉庫に比べ、木冷蔵は税制面でも有利。
電気代の削減と併せ、ランニングコストの大幅な削減が可能に。

「鉄骨倉庫」と「木冷蔵」120㎡(36.3坪)での比較では、初期投資はほぼ同額であるが、電気代で20年間で約830万円木冷蔵が安くなります。また固定資産が約6割安くなり、電気代、固定資産トータルで1,000万のコスト削減が可能です。

TECHNOLOGY

圧倒的な省エネを実現する独自のテクノロジー

従来のパネル式保冷庫に比べ約2倍の性能。

断熱力の強い断熱材を最適な量使用し、充分な断熱性を確保。温度調節にかかるコストを最適化します。

高い防湿技術によって結露対策も万全

気密・防湿の不備は保冷庫の内外を問わずあらゆる箇所で結露が発生し、断熱力が低下するのに加え、 カビの発生や湿度過多の状態になることで収蔵品にダメージを与えてしまいます。木冷蔵の優れた気密・防湿技術によって庫内外の環境を適切に保つことが出来ます。

トラブル時も運転停止することなく低コストで修理可能。

木冷蔵は熱源の複数化によって、目標温度に達すまでの迅速性を高め、熱溜りや冷気溜りを生まない風向の多様化を実現しています。 また、熱源の複数化により完全停止による事故を防止し、故障時におけるメンテナンス費用の軽減も実現しています。

SHOW CASE

滋賀県を中心に、数多くの事業者様にご活用いただいております。

CONTACT

木冷蔵-COREZO-に関する
お問合せ・資料請求はこちら

下記よりお気軽にお問合せください。スタッフが丁寧に対応させて頂きます。